SOMPOホールディングスの投資ニュース速報

SOMPOに関するつぶやきをリアルタイムに表示しています。ブックマークして定期的にチェックするのがおすすめです。

不動産は本社ビル等自社の使用に供する営業用不動産と、賃貸により収益をあげる目的の投資用不動産に分かれる。投資用不動産は長期安定的なCF収入を確保でき、賃料を物価動向に応じて見直すことでインフレヘッジ機能を持つ運用手段となる反面、価格変動リスクや空室リスクを負うこととなる。

新株予約権付社債は投資家に新株予約権というオプションを売却する事になる為、一般的に普通社債より低いクーポンで資金調達可能。行使されれば発行株式が増加し自己資本が増えるが、その分既存株主の利益が毀損。発行の際は調達資金による企業価値向上と株主利益の関係等、資本政策の観点からも要検討

合理的料率細分化の必要性:①契約者の保険料負担の公平性の阻害②保険の入手可能性の阻害:低リスク層からは必要以上に利益を得られる一方、高リスク層の引受に消極的となり社会問題を惹起するおそれがある③低リスク層に低料率を提供できず競争市場で劣勢になる

自賠・地震に関する損益計算:保険引受損益(基本的にゼロ)=正味収入保険料ー正味支払保険金ー損害調査費ー事業費(諸手数料及び集金費+営業費及び一般管理費(保険引受に係るもの))+その他保険引受収支(自賠責保険運用益拠出金)ー責任準備金積増ー支払備金積増+その他収支(投資経費等)

損保計理人の確認事項は、①責任準備金に関する確認②契約者配当に関する確認③財産の状況に関する確認④IBNR備金に関する確認

損保会社の資産運用に係る基本方針として以下が挙げられる。①安全性:高リスク資産への投資を回避して元本回収の確実性を高めること②収益性:可能なリスクをとってより高い運用収益を求めること③流動性:保険金等の支払に備えて適宜換金できる資産を確保すること

BPVはイールドカーブが全体に1bp(0.01%)変動した際の債券等の現在価値の変動額。運用資産の金利感応度を表す。大きい程価格変動リスクが大きい。ALMの観点では長期契約等の負債についても測定し資産BPVとネットして評価する必要がある。為替や株価変動も同様に感応度測定が可能。

早期是正措置:SM比100〜200%:改善計画の提出・実行命令。0〜100%:左記の他に配当の禁止・抑制、契配の禁止・抑制、新規保険のP計算方法変更、役員賞与の禁止・抑制、その他事業費の抑制、一部の資産運用方法の禁止・抑制など。0%未満:期限を付した業務の全部又は一部の停止命令

価格変動等リスクは保有する有価証券その他の資産の通常の予測を超える価格変動等により発生し得る危険であり、リスク相当額=Σ{(リスク対象資産BS計上額ー控除対象取引残高)×リスク係数}×(1−分散投資効果)。控除対象はデリバティブ取引(先物売建、プット買)によるリスクヘッジ効果額。

法人事業税の課税標準の計算に用いる正味収入保険料=(元受および受再保険の総保険料ー保険料から控除すべき金額(積立保険料等を指し、利益戻は含まない)+再保険返戻金)ー(再保険料+解約返戻金)であり、国外の事業に関する収入金額は控除するので、外国元受に係る保険料は控除される。

積立保険に関する損益計算:保険引受損益(基本的にゼロ)=収入積立保険料+積立保険料等運用益ー満期返戻金ー契約者配当金+その他保険引受収支(満辺分割原資・満返分割金・分割配当金)ー責任準備金積増

先物(フューチャー)取引とは、将来の特定の時期に、特定の商品を特定の数量・価格で購入または売却することを約する取引で、受渡日までに転売または買戻した時は差金の授受により決済できる。金利リスクには債券先物や金利先物が、株式ポートフォリオの価変リスクには株価指数先物が利用される

損保会社の資産運用に係る基本方針として以下が挙げられる。①安全性:高リスク資産への投資を回避して元本回収の確実性を高めること②収益性:可能なリスクをとってより高い運用収益を求めること③流動性:保険金等の支払に備えて適宜換金できる資産を確保すること

契配の確認の留意事項①経済環境(市中金利、インフレーションなど)との関係(経済環境から保険契約者が期待するところを含む)②契約者配当に係る方針が定められている場合はその内容③契約者配当の算出の基礎となる運用成果と予定基礎率の関係④前年度の契約者配当との関係(①にも留意する)

資産運用リスク管理におけるリミットの設定:リスクを一定範囲内にコントロールすることを目的としてリスクの許容限度額を設定して管理すること。投資金額等のリスク・エクスポージャーそのものにリミットを設定する方法とBPVやVaR等のリスク量にリミットを設定する方法などがある。

契約者配当の原則のうち公平性:契約者間の配当格差が適正であること。利差益配当としての性格を考慮して、保険期間の長短や払込方法の違いといった資産運用面への寄与度合の差で配当格差を設定している。

契約者配当とは、保険契約者に対し、保険料及び保険料として収受する金銭を運用することによって得られる収益のうち、保険金、返戻金その他の給付金の支払、事業費の支出その他の費用に充てられないものの全部又は一部を分配することを保険約款で定めている場合において、その分配をいう。

法人事業税の課税標準の計算に用いる正味収入保険料=(元受および受再保険の総保険料ー保険料から控除すべき金額(積立保険料等を指し、利益戻は含まない)+再保険返戻金)ー(再保険料+解約返戻金)であり、国外の事業に関する収入金額は控除するので、外国元受に係る保険料は控除される。

自賠・地震に関する損益計算:保険引受損益(基本的にゼロ)=正味収入保険料ー正味支払保険金ー損害調査費ー事業費(諸手数料及び集金費+営業費及び一般管理費(保険引受に係るもの))+その他保険引受収支(自賠責保険運用益拠出金)ー責任準備金積増ー支払備金積増+その他収支(投資経費等)

債券・貸付金・預貯金等の受取利息、株式の配当、投資信託の収益分配金、投資用不動産の賃料収入等を総称してインカムゲインと呼び、債券・株式・土地等の売却に伴って生じる売買差損益および期末時点の評価替えに伴う評価損益、債券の償還時に生じる償還損益等をキャピタルゲイン(ロス)と呼ぶ。

指Ⅳ−5−3契約者価額:解約返戻金については、支出した事業費及び投資上の損失、保険設計上の仕組み等に照らし、合理的かつ妥当に設定し、保険契約者にとって不当に不利益なものとなっていないか。

契約者配当の原則のうち安定性:外的状況に大きな変化がない限り同一の契配制度を維持することは、恣意性を排除し各年度の契約間の公平を確保することにつながる。契約募集秩序を守る意味からも必要であり、将来的見通しのないその場限りの方法で契約者配当を行ってはならない。

積立保険に関する損益計算:保険引受損益(基本的にゼロ)=収入積立保険料+積立保険料等運用益ー満期返戻金ー契約者配当金+その他保険引受収支(満辺分割原資・満返分割金・分割配当金)ー責任準備金積増

自賠・地震に関する損益計算:保険引受損益(基本的にゼロ)=正味収入保険料ー正味支払保険金ー損害調査費ー事業費(諸手数料及び集金費+営業費及び一般管理費(保険引受に係るもの))+その他保険引受収支(自賠責保険運用益拠出金)ー責任準備金積増ー支払備金積増+その他収支(投資経費等)

資産運用リスク管理におけるリミットの設定:リスクを一定範囲内にコントロールすることを目的としてリスクの許容限度額を設定して管理すること。投資金額等のリスク・エクスポージャーそのものにリミットを設定する方法とBPVやVaR等のリスク量にリミットを設定する方法などがある。

事方書の規定により、毎年12月末日において、払戻積立金相当額、契約者配当準備金相当額および貸倒引当金相当額等の合計額を基礎に把握される積立勘定財産残高(必要残高)と、現存する積立勘定財産残高(実際残高)との差額を、投資経費等として積立勘定財産より控除し、一般勘定に振替える。

積勘に属する財産の運用益は事方書の積勘財産運用細則に規定され、一般的には以下①利息②配当金(株無勘定は外国法人又は人格のない社団等に関わる株式又は出資に限る)③収益分配金④償還損益⑤売却損益⑥為替差損益(実現したものに限る)⑦貸倒関連損益⑧評価損⑨その他運用に伴う諸手数料収入

介護中の家族に旅行優待  SOMPO系、ジャルパックと : nikkei.com/article/DGKKAS…

乖→TPX(0.3%)225(-1%)。米株↑(ナス2550↑)&円安~高寄り後揉んで上げ幅縮小の前場~前場のレンジの中間辺り推移の後場でマチマチ。上昇→ホギ・スズケン・ロート。下落→ガス化・ヤマト・明治。米株まだmacオシ↓キープ。SOMPO窓開陽線↑目立った。スズケ逆陽↑2550突破。SH63900/65200二回のクロス

分散投資によるポートフォリオ効果:複数のリスク・リターンの異なる資産を組み合わせたポートフォリオ構築によりリスク当りの期待リターンが高まる。資産種類、投資時期、投資期間、通貨等を分散する。運用資産が特定の資産や与信先に偏らないことで特定与信先の破綻による多額損失を防ぐ面も重要。

【H31.1.11】SOMPOケアラヴィ―レ浜川崎/取引CR約44.2%/鑑定CR:4.6%/神奈川県川崎市川崎区田島町23-1/ヘルスケア&メディカル投資法人/土地:所有権/建物:所有権/ヘルスケア&メディカル投資法人/

契約者配当は合理性、公平性、安定性、簡便性の原則にのっとっていなければならない。

契約者配当の原則のうち公平性:契約者間の配当格差が適正であること。利差益配当としての性格を考慮して、保険期間の長短や払込方法の違いといった資産運用面への寄与度合の差で配当格差を設定している。

225 経過40分 +3% 野村 IHI 王子 ユニチカ 古河電 +2% 日立建 アマダ ちばぎん オークマ 日本精工 カシオ SOMPO 電通 日本製鋼 クレセゾン 三井不 三菱自 日清紡 バンカメ金男決算10年ぶり上げ幅などで金融つよめ

契約者配当の原則のうち安定性:外的状況に大きな変化がない限り同一の契配制度を維持することは、恣意性を排除し各年度の契約間の公平を確保することにつながる。契約募集秩序を守る意味からも必要であり、将来的見通しのないその場限りの方法で契約者配当を行ってはならない。

不動産は本社ビル等自社の使用に供する営業用不動産と、賃貸により収益をあげる目的の投資用不動産に分かれる。投資用不動産は長期安定的なCF収入を確保でき、賃料を物価動向に応じて見直すことでインフレヘッジ機能を持つ運用手段となる反面、価格変動リスクや空室リスクを負うこととなる。

合理的料率細分化の必要性:①契約者の保険料負担の公平性の阻害②保険の入手可能性の阻害:低リスク層からは必要以上に利益を得られる一方、高リスク層の引受に消極的となり社会問題を惹起するおそれがある③低リスク層に低料率を提供できず競争市場で劣勢になる

事方書の規定により、毎年12月末日において、払戻積立金相当額、契約者配当準備金相当額および貸倒引当金相当額等の合計額を基礎に把握される積立勘定財産残高(必要残高)と、現存する積立勘定財産残高(実際残高)との差額を、投資経費等として積立勘定財産より控除し、一般勘定に振替える。

先物(フューチャー)取引とは、将来の特定の時期に、特定の商品を特定の数量・価格で購入または売却することを約する取引で、受渡日までに転売または買戻した時は差金の授受により決済できる。金利リスクには債券先物や金利先物が、株式ポートフォリオの価変リスクには株価指数先物が利用される

未払金は既に債務が確定していて未払となっているもので、保険取引から生ずる再保険借等以外のもの。例えば、未払配当金、未払満期返戻金、未払退職金、社会保険料などの未納額。

損保会社の資産運用に係る基本方針として以下が挙げられる。①安全性:高リスク資産への投資を回避して元本回収の確実性を高めること②収益性:可能なリスクをとってより高い運用収益を求めること③流動性:保険金等の支払に備えて適宜換金できる資産を確保すること

事方書の規定により、毎年12月末日において、払戻積立金相当額、契約者配当準備金相当額および貸倒引当金相当額等の合計額を基礎に把握される積立勘定財産残高(必要残高)と、現存する積立勘定財産残高(実際残高)との差額を、投資経費等として積立勘定財産より控除し、一般勘定に振替える。

保険会社の資産が特定の債務者に偏ることは当該債務者が破綻した場合に多額の損失を被ることとなり、保健事業の運営に支障を来す可能性がある。業法により、同一人および保険主要株主に対する与信の一般勘定、積立勘定、総資産に対する上限割合が保険会社単体と小会社等を合算した単位各々に適用される

営業サポート目的の投資を営業関連投資といい、既存保有額が大きすぎる為業法規制やリスク管理の観点から新たな株式投資が困難な点、相手先との関係から機動的な売却が難しく流動性に欠ける点などから運用の効率性を損ねる為、安全性・流動性に留意しつつ純粋に収益拡大を求める純投資の拡大が必要

先物(フューチャー)取引とは、将来の特定の時期に、特定の商品を特定の数量・価格で購入または売却することを約する取引で、受渡日までに転売または買戻した時は差金の授受により決済できる。金利リスクには債券先物や金利先物が、株式ポートフォリオの価変リスクには株価指数先物が利用される

契約者配当の原則のうち安定性:外的状況に大きな変化がない限り同一の契配制度を維持することは、恣意性を排除し各年度の契約間の公平を確保することにつながる。契約募集秩序を守る意味からも必要であり、将来的見通しのないその場限りの方法で契約者配当を行ってはならない。

経常費用の内訳項目である営業費及び一般管理費は、損害調査費以外の①人件費②物件費③税金④拠出金⑤負担金を処理する。営業費(火災予防拠出金、交通事故予防拠出金を含む)、一般管理費(保険契約者保護機構負担金を含む)、投資経費に分けられる。

損保計理人の確認事項は、①責任準備金に関する確認②契約者配当に関する確認③財産の状況に関する確認④IBNR備金に関する確認

自賠・地震に関する損益計算:保険引受損益(基本的にゼロ)=正味収入保険料ー正味支払保険金ー損害調査費ー事業費(諸手数料及び集金費+営業費及び一般管理費(保険引受に係るもの))+その他保険引受収支(自賠責保険運用益拠出金)ー責任準備金積増ー支払備金積増+その他収支(投資経費等)

独禁法は、料団法に基づき、基準料率を算出し、会員の利用に供する行為については適用除外とされている。ただし、一定の取引分野における競争を実質的に制限する事により保険契約者又は被保険者の利益を不当に害する事となるときは、この限りではない。また、参考純率は適用除外の対象外。

のれんは、被取得企業または取得した事業の取得原価が時価ベース純資産より大きい場合にその額を無形固定資産に計上する。逆に小さい場合は負ののれん発生益として発生年度に特別利益として計上する。

契約者配当の原則のうち合理性:契約者配当は保険会社の持つ多面的な性格すなわち、公共性(契約者利益)、営利企業(株主利益)、継続企業(内部留保)といった点に配慮し、偏った見地から捉えてはならない。

株式は一般に償還期限がなく企業業績により配当が増減する可能性に加え、発行体がデフォルトすると社債や貸付金等に劣後するなど価格変動リスクが大きい。上場株式は比較的流動性が高いが、非上場株は売却の為の適正な価格評価に一定の時間を要することや買い手が現れない場合もあり、流動性は低い。

スワップ取引とは、金利スワップ(同一通貨のCFを定期的に交換する取引で、6ヶ月LIBORと様々な期間の円固定金利を交換する等。金利リスクヘッジに用いる)や通貨スワップ(異なる通貨間でCFを定期的に交換する取引。外債投資の際の為替リスクヘッジ等に用いる)等がある

未払金は既に債務が確定していて未払となっているもので、保険取引から生ずる再保険借等以外のもの。例えば、未払配当金、未払満期返戻金、未払退職金、社会保険料などの未納額。

新株予約権付社債は投資家に新株予約権というオプションを売却する事になる為、一般的に普通社債より低いクーポンで資金調達可能。行使されれば発行株式が増加し自己資本が増えるが、その分既存株主の利益が毀損。発行の際は調達資金による企業価値向上と株主利益の関係等、資本政策の観点からも要検討

未収収益は、利払期が未到来の決算期末までの未収既経過利息などを処理するその他資産の勘定科目。

契約者配当の原則のうち合理性:契約者配当は保険会社の持つ多面的な性格すなわち、公共性(契約者利益)、営利企業(株主利益)、継続企業(内部留保)といった点に配慮し、偏った見地から捉えてはならない。

積立保険に関する損益計算:保険引受損益(基本的にゼロ)=収入積立保険料+積立保険料等運用益ー満期返戻金ー契約者配当金+その他保険引受収支(満辺分割原資・満返分割金・分割配当金)ー責任準備金積増

不動産は本社ビル等自社の使用に供する営業用不動産と、賃貸により収益をあげる目的の投資用不動産に分かれる。投資用不動産は長期安定的なCF収入を確保でき、賃料を物価動向に応じて見直すことでインフレヘッジ機能を持つ運用手段となる反面、価格変動リスクや空室リスクを負うこととなる。

事方書の規定により、毎年12月末日において、払戻積立金相当額、契約者配当準備金相当額および貸倒引当金相当額等の合計額を基礎に把握される積立勘定財産残高(必要残高)と、現存する積立勘定財産残高(実際残高)との差額を、投資経費等として積立勘定財産より控除し、一般勘定に振替える。

BPVはイールドカーブが全体に1bp(0.01%)変動した際の債券等の現在価値の変動額。運用資産の金利感応度を表す。大きい程価格変動リスクが大きい。ALMの観点では長期契約等の負債についても測定し資産BPVとネットして評価する必要がある。為替や株価変動も同様に感応度測定が可能。

合理的料率細分化の必要性:①契約者の保険料負担の公平性の阻害②保険の入手可能性の阻害:低リスク層からは必要以上に利益を得られる一方、高リスク層の引受に消極的となり社会問題を惹起するおそれがある③低リスク層に低料率を提供できず競争市場で劣勢になる

自賠・地震に関する損益計算:保険引受損益(基本的にゼロ)=正味収入保険料ー正味支払保険金ー損害調査費ー事業費(諸手数料及び集金費+営業費及び一般管理費(保険引受に係るもの))+その他保険引受収支(自賠責保険運用益拠出金)ー責任準備金積増ー支払備金積増+その他収支(投資経費等)