とうもろこしのニュース速報

とうもろこしに関するつぶやきをリアルタイムに表示しています。ブックマークして定期的にチェックするのがおすすめです。

@uitenboogaart @itigounou @yoshiasakawa 飼料は人間が食べないものを食べさせる方が圧倒的に多いですね。 むしろ、石油価格が高騰してアメリカ各地にバイオエタノール工場ができたときにとうもろこしを食品業界と燃料業界が取り合った時の方が貧乏人は困りましたよ。メキシコなんかパニック状態の市民がニュースで報道されてました。

@gagobom_beast @renrakuyou9001 牛肉にはグレインフェッドとグラスフェッドがあり、グラスの方が多いです。ラム、マトン、ヤギも草食です。鶏や豚に与える穀物はとうもろこしが主体ですが、飼料会社の獣医資格を持つ栄養士が価格と栄養のバランスを見ながら配合を決めます。つまり安くて余っているものが優先的に使われます。

日本はデフレって言うけど とうもろこしとかゴム、金等 商品相場は20年前と比較すると 倍になっているんだよな〜🤔 消費者物価指数に反映していないという事は 誰かが割りを食っているという事だろうな〜🤔

とうもろこし、大豆、小麦などの穀物価格が 中国の爆買いにより急騰してるんだけど、 このトレンドはいつまで続くかな 【コーン先物CBOT】529.10 ▼1.01% -5.40 [16:00] nikkei225jp.com/oil/

ちょうど昨日とうもろこしETFを仕込みました。6月までずっと値上がりするとしたら恐ろしいですね。 twitter.com/Kamada3/status…

- $GOOS 暖冬予想外れ寒い。一回転出来るか? - $GE 良い決算になるかは?だけど面白いと思う - 新興国株は基本PFの10%ぐらい、これからは人気になるから20%ぐらい - 農業関連株でいいのは $DE, 大豆やとうもろこしなら $DBA というETFある - $AFRM 継続注視 (2021/1/14, じっちゃまYouTube Live)

@yoshiasakawa 一時期はむしろバイオエタノール工場が、人間が食うはずのとうもろこし価格高騰の火付け役でしたよね。 畜産にはその頃DDGS(distilled dried grains)つまりエタノール工場が出す搾りかすが飼料に使われたりしていました。人間は食べないものを飼料にした訳で。

澱粉の価格は 本葛(原料が豆) ↓ さつまいも澱粉 ↓ じゃがいも澱粉 ↓ コーンスターチ(原料とうもろこし) ↓ 増粘多糖類 の順に安価になる。 その食品のトロミが何で出来ているか、 一度考えてみて💡

@nico2525_79 マルトデキストリン→糖類(とうもろこしの澱粉)糖類摂取→血糖値上昇→インスリン→使わないと増す。やっぱり増量したい方向けだわ…

まあ、あまりマジでやらないことだと思っていますよ、わたしは。これでバイデン政権にスムーズに移行したとして、政局不安が解消。26-27日にFOMC。DRAM、鋼材、住宅建材、とうもろこし、どこをとっても物価上昇圧力の中で、連銀は長期金利上昇を、急ピッチでなければ、容認するはずだ、と思うね。

とうもろこし🌽とコーヒー☕ 買っとくべきだった。 農業のETF調べとくか‥‥ 🤔

「先物取引」〈概要〉先物取引とは、価格や数値が変動する商品等を、今後の価格を予測して売買することにより、差益を得る金融商品である。商品は金、銀、原油、大豆、とうもろこし等が投資対象になっている金融商品です。小額からでも取引が可能で、ハイリスク・ハイリターンの投資スタイルも可能。

今後も必ず上がるとは限りませんが 穀物上場投資信託(1688) 小麦上場投資信託(1695) とうもろこし上場投資信託(1696) 大豆上場投資信託 (1697)

【ダイエットの味方をしてくれるお茶】 ・ルイボスティー ・プーアール茶 ・とうもろこし茶(コーン茶) 脂肪吸収の抑制、脂肪燃焼サポート、血糖値上昇抑制効果などがあります。 お茶を飲む機会があったらこれらのお茶を飲んでみてはどうでしょう?

@hanakostock 証券コード1696 とうもろこし上場投資信託 なんてものがありますよ🌽 シカゴのコーン先物なんかは大昔から原油と並んでコモディテイ投資の王道であります‼️

サー・チャフリー、つまりわたしの夫が、豚肉の先物取引をやっていてね、マンチキンは経済の多角化を目指して、ギリキンの銀行やエメラルド・シティのとうもろこしの取引価格に影響されないようにしているの。

「先物取引」〈概要〉先物取引とは、価格や数値が変動する商品等を、今後の価格を予測して売買することにより、差益を得る金融商品である。商品は金、銀、原油、大豆、とうもろこし等が投資対象になっている金融商品です。小額からでも取引が可能で、ハイリスク・ハイリターンの投資スタイルも可能。

【先物取引で資産を増やす】 先物取引とは、価格や数値が変動する商品等を、 今後の価格を予測して売買することにより、差益を得る 金融商品です。 商品は金、銀、原油、大豆、とうもろこし等が投資対象に ありますが、少額からでも取引可能なものもあります。

とうもろこしの基礎知識④】天候相場のポイント~干ばつ時の動向 youtu.be/hRYiCyNQSoY @YouTubeより

農産物価格は、とうもろこし、大豆、小麦とかも上昇中。農産物全般的に価格上昇圧力。 nikkei.com/article/DGXZQO…

「先物取引」〈概要〉先物取引とは、価格や数値が変動する商品等を、今後の価格を予測して売買することにより、差益を得る金融商品である。商品は金、銀、原油、大豆、とうもろこし等が投資対象になっている金融商品です。小額からでも取引が可能で、ハイリスク・ハイリターンの投資スタイルも可能。

@pokopokokabu 私の祖母は「先物だけには手を出すな。家の中がとうもろこし🌽だらけになる。」でした。 あと、家訓は「信用取り引き禁止」ですね。 高齢の患者さんにも「お金だけあっても仕方ない」と言われます。

タイトルとURLをコピーしました